投資商品(株式・債券・コモディティ)の種類についてまとめました

投資商品について 投資

みなさん、こんにちは

投資に興味がある方は一度は耳にしたことがあるであろう、

金融商品の株式、債券、コモディティについて簡単にまとめてみました。

投資初心者の方向けに余計な説明を省いて特徴を3つずつまとめました。

株式とは

株式とは

企業が個人や他の企業から資金を調達するために発行するもの。

つまり株を買って、株を保有するということは、出資者となって会社のオーナーの一人になることを意味しています。

株式の特徴

  • ハイリスク・ハイリターン
  • インフレに強い
  • 年間平均利回りは5%〜6%

債券とは

国や地方公共団体、企業などが資金調達のために発行するもの。

債券の発行ごとに利率や利払い日、満期となる償還日などの条件が決められており、購入した投資家はその利子を受け取ったり、元本を返済されたりする。

債券を買う = 債券を買った場所にお金を貸すということ(国や企業や地方公共団体)

債券の特徴

  • ローリスク・ローリターン
  • 満期までの間、定期的に利息を受取ることができる
  • 満期日を迎えると額面金額が受取れる

コモディティとは

金・銀・プラチナなどの『貴金属』原油などの『エネルギー』、とうもろこし・大豆などの『穀物』のこと

コモディティの特徴

  • 分散投資になる(株式が不安になった場合特に金が安全資産となる)
  • インフレに強い
  • 価格変動が読みにくい

以上、ざっくりですがまとめてみました。

ではまた、おすおす!!

タイトルとURLをコピーしました