ネッツ VS ウォーリアーズ(12月22日 日本時間)

NBA

本日からNBAが開幕しました。

これから、気になった試合について解説とまではいきませんが、感想気になったことなど書いていければと思います。

ビック3要するブルックリン・ネッツ、ステフィンカリー要するゴールデンステイト・ウォーリアーズについて書いていきます。

よろしくお願いします。

試合結果

チーム1Q2Q3Q4QTotal
 ネッツ40233626125
ウォーリアーズ2520262899

楽天NBA

https://nba.rakuten.co.jp/games/22000002?

1Q

ネッツはケビンデュラントを筆頭にオフェンスの流れがよく、とてもいい感じの入りだった。

カイリー・アービングも積極的に3P、リングへのアタックをしていい流れでウォーリアーズを突き放した。

一方、ウォーリアーズは、ネッツのディフェンスに苦しみ、カリーが一人で奮起する形となってしまった。

ウィギンズ、ウブレーjrなどの活躍はイマイチとなっていた。

2Q

1Qに引き続き、ネッツの勢いが収まることはなく、オフェンス、ディフェンスともにいい流れが続いたままであったのだ。

2Qに気になったのはネッツのキャリス・ルバート、ルバートは積極的に3P、ドライブなどをしていい形で点を稼いだのだ。

ウォーリアーズは、ネッツのオフェンスを止められないまま、点差を保たれる状態であった。ネッツの勢いに完全に押されたな

3Q

前半に引き続き、ネッツのアービング、デュラントのオフェンスエナジーは加速するかの如く、次々と点を決めていった。

ネッツはオフェンスもチームだと思っていたが、チームがまとまっていて、ディフェンスもいい形であるなと感じた。

今年のネッツはとてもいいEASTの上位チーム間違いなしかなという勢いだ。

4Q

3Qまでで、30点差ついてしまったため、消化試合となった。

まとめ

全体的な感想としては、ネッツがまだまだチームがまとまっていないのかなと勝手に思っていたが、ベンチのムードもすごくいいし、選手一人一人のエナジーがすごく高いと感じました。ウォーリアーズは、プレシーズンの試合はまとまっていたと感じていたが、いいディフェンスを相手にするとオフェンスの攻め手に書いていた印象、カリーは問題ないが、それ以外の選手のレベルアップが必要だなーー

この試合を見て感じた印象でした。

ではまた、おすおす。

タイトルとURLをコピーしました