WordPressをローカル環境で作る方法(Local by Flywheel)

Wordpress

ローカル環境でWordPressを動かしたことがないし、周りに聞く人もいない
簡単にできる方法があれば知りたい』『何からやったらいいかわからない

あなたがもしそう思っているなら、この記事を読んでいただく価値があります。
WordPressをローカル環境で作るのは全く難しくありません

この記事でご紹介するツールを使えば、誰でも簡単にWordPressをローカル環境に作れちゃいます。

ローカル環境でありながら、サイトを外から確認できるなど、非常に便利な機能もあります。
活用すればサイトを作成する作業がとても効率化されますよ。

今回は、WordPressを簡単にローカル環境で構築できるオススメのツールと使い方をご説明します。
注意すべきポイントについても書いていますので、参考にしてください。

ローカル環境でのWordPress構築がスムーズにいくために、この記事がお役に立てば嬉しいです。

WordPressをローカル環境で必要なもの

  • Webサーバ
  • PHP
  • データベース

これらを準備して初めてWordPressが動作するようになります。

ローカル開発環境でのメリット

  • 本番サーバーではないので安心してアップデートやカスタマイズのテストができる。
  • テストサーバが自分のPC内なので、ファイル変更などの確認もインターネット接続や変更ファイルのアップロードが不用。
  • テストサーバーで全て構築して、プラグインでサイト一式を引っ越して運用する事も可能。
  • 逆に本番サーバーのデータをローカルに複製して、検証や改修が心おきなく行える

私の場合はWordPressのローカル環境を構築する時、XAMPPを試したことがありますが、設定が複雑で簡単に構築したい方、初心者の方には向いてないかなと。

でもLocal by Flywheelは、インストールも設定も、とっても簡単で分かりやすかったのでおすすめです。

Local by Flywheelとは

以下の特徴があります。

  1. 簡単にローカル環境が構築できる
  2. WordPressサイトを複数つくれる
  3. 共有URLでどこからでもサイトを確認できる
  4. WordPressが日本語版に対応している
  5. Webサーバー、データベース、PHPのバージョンを柔軟に設定できる

初心者が苦手な設定周りのことは全ておまかせて構築できちゃいます!

それでは、Local by Flywheelのインストール方法を紹介していきます。

Local by Flywheelをインストールする方法

公式ページ

Local by Flywheelにサクセスします。

ホームページにアクセスすると、下の画面が表示されるので、「 OR DOWNLOAD FOR FREE」をクリックしてください。

次にOSを選びます

各項目を入力後「GET IT NOW!」をクリックする。
(Work Emailだけ入力するとダウンロードできます。)

ダウンロードしたらファイルを解凍し、Local by Flywheelのアイコンをダブルクリックして起動する。

このようなアイコンです。

起動後、エラーリポートを開発者に送信するかどうかの確認ですので、送信不要の場合は「いいえ」をクリックして進んでください。

このような画面が表示されたら、Local by Flywheelのインストールは完了です。

ローカル環境にWordPressをインストールする

WordPressをインストールするには、「CREATE A NEW SITE」をクリックしてください。

サイト名を任意で入力する。
「ADVANCED OPTIONS」をクリックすると、ドメインやサイトデータを保管するパスを任意で変更できる。

特にこだわりがなければ、サイト名だけ入力して「CONTINUE」をクリック。

次に、WordPressをインストールするのに必要な環境設定です。

「Preferred」を選ぶと、PHPとMySQLは最新バージョン、 Webサーバーはnginxが自動的に設定されます.

「Custom(カスタム)」を選ぶとPHPのバージョン、Webサーバーの種類、My SQLのバージョンをカスタマイズすることができる。

後からいつでも変更できるので今回は「Preferred」で「CONTINUE」をクリック。

次にWordPressの以下の項目を入力します。

  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

「ADD SITE」をクリックしてください。これでWordPressのインストールは完了です。

構築完了後このような画面になります。

画面右上の「OPEN SITE」をクリックするとWordPressサイトのトップページに遷移。「ADMIN」をクリックすると、WordPressの管理画面へのログインページが表示される。設定したユーザー名とパスワードを入力し、ログインできるか確認しておきましょう。

ログイン後、管理画面↓

WordPressサイトのトップページ↓

以上で、『Local by Flywheel』の環境構築方法でした。これでWordpress開発ができちゃいます。とっても簡単でしたね。

みなさんもぜひ試してみてください。

ではまた、おすおす!!

タイトルとURLをコピーしました